クローラーラジコンJeep Cherokee(Axial SCX10 DINGO)とOLYMPUS EM-1テスト in 岡崎中央総合公園

Pocket

旦那さまがクローラーラジコンを始めました。走らせる岩場を求めて岡崎中央総合公園へ行ってみました。新しく購入したカメラも試してみますよー。



Axial SCX10 DINGO

こびとぺんぎんアイコン

旦那さまがラジコンを始めました。クローラーという種類で岩場など登っていけるパワフルなマシン。1/10スケールなので50cm近くあります。

これをリアルな感じで走らせて映像を撮るのにはまっているようです。

良い岩場を求めてGoogleマップの航空写真を日々眺めているようですが・・・(そういうマップの使い方があったのね)

しろくま旦那アイコン良さそうな岩場を見つけたから行ってみよう。

 

 

 

こびとぺんぎんアイコン
というわけでJeep Cherokeeを連れて岡崎中央総合公園へ。天気も良いのでEM-1のテストもしてみたいと思います。

Googleの航空写真を頼りに岩場に到着。意外な場所にありました。何のための場所なのかしら??

Axial SCX10 DINGO

早速撮影。きれいな岩で写真映えしますね。

撮影してしていると同士の方が現れました。

Crawler RC
TZKさんのマシンと一緒に。たくさん集まると楽しいですね♪

Crawler RC

こちらはおもちゃのボディを使って、シャーシは自作されたんだそうです。なるほど!なかなか良いボディがない、と旦那さまがぶつぶつ言っていましたが、好きなクルマを見つけてきて、それに合わせて改造してしまえばいいんですね。勉強になります。

Crawler RC

FJのドライバーさん。必ず人が乗っているのもTZKさんのこだわりポイント。リアルさが増しますね〜。

Crawler RC

JKさんも加わって並んで走行。可愛すぎる〜。

これまではなんとなく走らせていただけだったので、お二人にくっついて岩場の攻め方を体験。

Crawler RC
こんな斜面も登っていけます。

Crawler RC

少し位置がずれるとお腹があたって身動きがとれなくなることも。タイヤの大きさやホイールベースによってコース取りが変わるのもおもしろいです。

TZKさんは1/1スケールで実際に走っていた方なので、タイヤを乗せる位置や重心のかけ方などとても的確にアドバイスをしてくださいます。少し難しいところもクリアすることができて、クローラーはこうやって走らせるのか〜、と楽しくなってきました。

ここからはレンズを替えて撮影タイム。
ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5を使用しています。

Crawler RC
思っていた以上にキレイな撮れ具合。

Crawler RC
運転席のお姉さんもバッチリ撮れています。

Crawler RC
気になっていた電子ファインダーがかなり良いです。

Crawler RC
ファインダーで見たままが撮れます。当たり前ですが。

Crawler RC
これまではシャッターを切って、プレビューで確認が癖になっていたので、さっき見た風景がそのまま現れる、というのが少し不思議な感じです。

Crawler RC
それにしてもかっこいいですねぇ。撮るのが楽しい♪

Crawler RC
こちらも美しい佇まい。

Crawler RC
小物も効いています。ディテールが大事ですね。

Crawler RC

実車みたい見えてきます。

Crawler RC
こちらは走破性がかなり高く、地面に吸い付くように走っていました。

Axial SCX10 DINGO
我が家のCherokeeも悪くないですが・・・

Axial SCX10 DINGO

・・・・

Axial SCX10 DINGO

近づいてくると・・・・

Axial SCX10 DINGO
中の配線が丸見えですよ!

しろくま旦那アイコン

内装はもう頼んであるから大丈夫。

 

 

 

こびとぺんぎんアイコン

そうですか・・・
またいろいろ改造の日々が続くようです・・・

 

 

最後に本日の走行シーンを動画でどうぞ。

もうちょっとゆっくり走らせたいですね。次回はかっこ良く走れるように練習したいと思います。

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください