動画の音声にご注意!YouTubeから著作権侵害の申し立てが来た時の対処法

Pocket

突然YouTubeから[著作権侵害の申し立て]メールが来ました。えぇ?著作権侵害?自分で撮った動画しか上げていないし、心当たりないんですけど??と思って内容を見てみると、動画の中の、イベント会場で流れていたBGMが引っかかっていました。昔アップした動画で画質も音声もガサガサなのにちゃんと曲名までお知らせがきましたよ。

youtube-allegations

著作権者の申し立てにより、一部の国での再生がブロックされているとのことです。申立人はSME、ソニーミュージックですね。

youtube-allegations

「動画の管理」画面で見てみると、「©」マークと「一部の国でブロック」の表示がついています。「©」マークをクリックしてみると・・・

youtube-allegations

問題になっている曲の詳細が下に表示されます。アヴリルラヴィーンの曲でした!それは問題!

youtube-allegations

ブロックされている国は「i」マークの上にカーソルを載せると表示されます。

youtube-allegations

収益受け取りが「申立人によって収益化されています」になっているのは、申立人が広告を表示し、その収益を受け取ることで、曲の使用を許可してくれているということらしいです。

何かペナルティがあるのかしらと、「詳細」から開かれたヘルプを読んでみると、

「他人が著作権を持っている素材があなたの動画に含まれているのが見つかりました」という単なる通知だとお考えください。

単なる通知らしいです。ひとまず安心。
ただし、ブロックの範囲が全世界の場合は注意が必要です。

全世界で動画がブロックされた場合はアカウントの状態が良好ではなくなり、YouTube の一部の機能が利用できなくなる場合があります。

今回は一部の範囲なので問題は無いようです。

しかし、このままでは気持ち悪いので対策法を見てみると
A)曲を入れ替える
B)曲を削除
の2つの方法が良さそうです。
動画の削除では問題は解決しないそうなので、焦って動画を削除するのは厳禁です。

動画の上の「音声」タブをクリックし、曲の編集画面を表示します。

youtube-allegations

A)曲を入れ替える場合は、右側に使用可能な曲が表示されていますのでこの中から選ぶか、下の検索エリアから好きな曲を探します。

B)曲を削除する場合は「この曲を削除」をクリックします。

今回は曲の入れ替えをすることにしました。右側から曲を選択。

youtube-allegations

動画の下に選択した曲が表示されたのを確認したら、右上の「保存」をクリックします。

youtube-allegations

動画のタイトルの横に音符のマークが表示されれば、オーディオの入れ替えが済んでいます。
YouTube上での表示がどうなったのか確認してみると・・・

youtube-allegations

あれ?まだ何か注意が出ています・・・
5分ほどして再読み込みすると

youtube-allegations

問題なく表示されてすっきりしました!
特に面白みのない動画ですが、曲を入れ替えた結果がこちらです。

それにしても5年前にアップした動画へなぜ今頃??取り締まりが強化されたのでしょうか?[著作権侵害の警告]となると動画が削除され、YouTubeの一部の機能が使えなくなるなどペナルティがあります。音声が入った動画をアップする場合はご注意を!




Pocket

2 Comments

  1. said:

    焦って動画を削除してしまったのですが、まずかったですか?

    2017年3月8日
    Reply
    • コメントありがとうございます。
      「著作権侵害の警告」の場合はYouTubeが強制的に動画を削除するようです。ご自分で削除できたということであれば、そこまで深刻ではないと思われます。著作権侵害状態のままの同じ動画を再度アップロードしないようにしてください。

      詳しくは下記をご参照ください。
      【著作権侵害の警告に関する基礎知識】
      https://support.google.com/youtube/answer/2814000#resolve

      2017年3月10日
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。