ガラス越しでも綺麗に撮れる!レンズフード「Ultimate Lens Hood」を購入しました

Pocket

水族館や展望台からの夜景撮影など、ガラス越しに写真を撮ろうとすると、周りが映って綺麗に撮れない!そんな困りごとを解消してくれるレンズフードが発売されました。早速、水族館で試してきましたよ。





「Ultimate Lens Hood(ULH)」はKICKSTERTERでのクラウドファンディングによって出資者に先行提供されました。現在は注文を受付中で、販売は11月以降となるようです。

Ultimate Lens Hood
8月に申し込んで、予定通り10月に届きました。途中、進捗メールが10回以上届き、安心して待つことができました。

Ultimate Lens Hood
サイズが2種類あって迷ったのですが、通常サイズの2個セットを選択。お値段は£56(約7,200円)以上出資+送料£6(約770円)でした。直径26cmで、レンズ径60mm以上に取り付けできます。それより小さい場合は「ULHmini」があり、スマートフォンにも使えます。

Ultimate Lens Hood
カードとレンズクロスがおまけでついてきました。

Ultimate Lens Hood
黒いシリコンでできていて、持ち上げるとこんな感じに広がります。

Ultimate Lens Hood
かなりぐにゃぐにゃしています。

取り付け方

Ultimate Lens Hood
オリンパスのPROレンズ 40-150mmにつけてみます。

Ultimate Lens Hood
付属のレンズフードが大きい場合は取り外しておきましょう。

Ultimate Lens Hood
真ん中の穴をぐいっと広げてレンズに被せるだけ!

Ultimate Lens Hood
取り付けたところ。

Ultimate Lens Hood
つける場所に悩みそうです。もっと先端ですかね。

Ultimate Lens Hood
正面から。

Ultimate Lens Hood
標準のレンズフードを戻したところ。邪魔ですねー。

撮影方法

Ultimate Lens Hood
ULHをガラスに押し付けて撮影するだけ!(写真では壁に押し付けています)

Ultimate Lens Hood
トイレ掃除に使うラバーカップのようなものを想像していたのですが、柔らかく形状が保てないので、しっかり押し付けないとくっつきません。

Ultimate Lens Hood
レンズが長い場合は手で押さえないとダメですね。

撮影結果

名古屋港水族館の屋外施設「ごまちゃんデッキ」で試してみました。

Nagoya Aquarium Penguin
普通に撮ると、ウッドデッキが写り込んで残念な結果に・・・

Ultimate Lens Hood
でもULHがあれば大丈夫!

Ultimate Lens Hood
思っていた以上に綺麗に撮れました!うれしい!

ただ、かなりサイズが大きいので(大きくないと意味がないのですが)、側から見ると変な人です。場所も取るのであまり人がいない時に撮った方が良いですね。

Ultimate Lens Hood
レンズを動かせる範囲が広いです。調子に乗ってULH自体が写ってしまわないようにご注意。

他にはこんな使い方も。

Ultimate Lens Hood
手前に折り返すと、水しぶきや砂などがカメラ本体にかかるのを防ぐこともできます。

暗い水槽で試すのを忘れてしまいましたが、かなり使えるULH。バッグに忍ばせておくと便利ですよ。

まとめ

【ここが良い!】
・レンズサイズを選ばず簡単に装着可能
・サイズが大きいので撮影範囲が広い
・柔らかく変形するので持ち運びが楽

【ここがイマイチ・・・】
・ガラス面にぴったり張り付かないので手で押さえる必要あり
・ほこりがものすごく着いてしまう
・専用ケースが欲しい

詳細情報

公式サイト(英語)
ULH

公式以外の日本語サイトではこちらから購入できるようです。

Ultimate Lens Hood|ガラスの反射なく撮影可能なカメラレンズ用フード「アルティメットレンズフード」【2018年11月以降】 – ガジェットの購入なら海外通販のRAKUNEW(ラクニュー)

ちょっと用途が違うかもしれませんがこんなものも。こちらはAmazonで818円とお安い!試しに買ってみようかな?

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください