大根おろしを使った たけのこのあく抜き

Pocket

大根おろしを使った「たけのこのあく抜き」を試してみました。
最近テレビで紹介された方法だそうです。時間も短く、簡単にできますよ。


大根おろしでのあく抜きは、和食「分とく山」の料理長である野崎さんの調理法で、最近「プレバト」や「ソレダメ」という番組で紹介されたそうです。「きょうの料理」や「はなまるマーケット」でも過去に紹介されたようなのですが、初耳です。全然普及していないのは何故なのでしょう??

Prepare bambpp shoot beforehand
今回は米ぬかが付いてないたけのこを購入しましたが、付属しているものがほとんどでした。単品でも米ぬかは販売されていました。

【材料】※カッコ内は今回使用した分量です

  • たけのこ 中2本
  • 大根 小1本(400g)
  • 水 大根おろしの汁と同量(400cc)
  • 塩 おろし汁+水の分量の1%(8g)

 

1)大根をよく洗い、皮ごとすりおろします

Prepare bambpp shoot beforehand
小さめの大根を使用しました。

Prepare bambpp shoot beforehand
普通におろします。

2)大根おろしをキッチンペーパーなどで濾し、おろし汁のみ使用します
Prepare bambpp shoot beforehand

深く考えずに、大根おろしそのままを使ってしまいましたが、後で面倒なことに・・・
濾しておけば残った大根も別の料理に使えるので、汁と分けます。面倒なら手でざっくりしぼっても可。

 

3)おろし汁に、同量の水を加え、全体の1%の塩を加えて混ぜておきます。
Prepare bambpp shoot beforehand今回は小さめの大根1本が400gだったので、水を400cc、塩8g(小さじ約大盛り1)を加えました。(濾すとおろし汁の分量がかなり少なくなりますが、この分量でも問題ありませんでした。

これで用意はできました。

続いてたけのこの下処理をします。

4)たけのこの皮をむき、用途に合わせてカットします。
Prepare bambpp shoot beforehand穂先を斜めに切り落とし、

Prepare bambpp shoot beforehand
半分くらい切れ目を入れます。

Prepare bambpp shoot beforehand
切れ目から外側に開くようにして

Prepare bambpp shoot beforehand
固い皮を全て取り除きます。
先端の柔らかい部分は食べられますので取っておきましょう。

Prepare bambpp shoot beforehand
下のイボイボは包丁で取り除きます。


かなり小さくなってしまいますね・・・

Prepare bambpp shoot beforehandたけのこのサイズはお好みで。小さく切れば早くあくも抜けます。
今回は煮物用に大きめの一口大にカットしました。

5)たけのこをおろし汁に浸し、1~2時間置いておきます。

Prepare bambpp shoot beforehand
少し食べてみてあくの抜け具合を確認してください。

2時間置いてみました。
たけのこの切り方が厚くてあくが抜けないかなと思いましたが、きちんとあく抜きできていました。簡単ですね。

6)あくが抜けたらたけのこを水洗いし、1~2分下茹でします。
Prepare bambpp shoot beforehand
大根おろしがたけのこの隙間にびっしり入ってしまい、洗うのが大変でした・・・
多少残っていても問題はありません。


鍋にたけのこと水を入れ加熱し、沸騰したら1〜2分茹でます。
これで下処理は完了。すぐに料理に使えます。

すぐに使わない場合はそのまま冷ましてから、保存容器に新しい水を張ってたけのこを浸し、冷蔵庫で保存します。毎日水を取り換えれば1週間くらいもちます。
長期保存用に水煮を瓶詰めにしておくと、1年中使えて便利です。
高価な水煮を買わなくて済みますね。

こちらの記事もどうぞ。
【動画あり】市販品はもう買わない!たけのこの水煮の瓶詰め〜自分でできる長期保存方法〜

米ぬかを使ったあく抜きはこちら。
【動画あり】たけのこのあく抜き〜保存方法

 

【参考サイト】

【ソレダメ】タケノコご飯のレシピ、簡単なあく抜きの方法、おいしい見分け方! | 生活の泉

【ソレダメ】タケノコの正しいアク抜きの方法!大根を使う!時短&美味!ミシュランの名店のレシピ!【3月2日】 – ちむ!ちむちむ!ブログ!

筍のアク抜きは大根おろしで | 食育通信 online




Pocket

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。