コストコのスペアリブで!ヨシダソース消費レシピ

Pocket

コストコのスペアリブのレシピを探すとヨシダソースを使ったものがたくさん出てきます。どうやらコストコのビッグサイズのヨシダソースを消費するためのよう。ヨシダソースは気になっていたのですが、普段あまりソースを使わないのとコストコで売っているサイズがかなり大きいので購入していませんでした。近くのスーパーでお手ごろサイズを見つけたので試してみることにしました。

Yoshida's Fine Sauce

カウボーイハットをかぶった創業者が目印のヨシダソース。正式名称は「ヨシダ グルメのたれ」。アメリカで発売されると大人気となり、世界中で使用されるようになったすごいソースです。現在会長である創業者の吉田潤喜さんは、アメリカンドリームの体現者として世界各地で講演活動をされています。

Yoshida's Fine Sauce

醤油ベースの甘いソースでお肉に使うのが一般的だそうです。330gのこちらの商品はハーフボトルで通常の半分サイズになります。コストコで売っているのは更に大きい大容量サイズで1,360g!使い切れる気がしません・・・

スペアリブは3本ずつ冷凍しておいたので、6本解凍してヨシダソースとタイのテリヤキソースで味を比べてみることにしました。

参考レシピ

Cpicon ヨシダソースで簡単スペアリブ by syakiko

 

【材料】

スペアリブ 3本
ヨシダソース 75cc(大さじ5)
にんにく(すりおろし) 大さじ1
胡椒 適量

【つくりかた】

1)ジップロックに全ての材料を入れ、よく揉み込み、空気をできるだけ抜いて漬け込みます。冷蔵庫で半日寝かせます。

Costco Sparerib

ボウルにジップロックを被せるようにしておくと調味料を入れやすいです。胡椒を振ります。

Costco Sparerib

タレは全体が浸かればいいので量は適当で構いません。たっぷり使った方がむらなく浸かります。意外とさらっとしていました。味見してみると甘い!!ウスターソースとは全くの別物でした。

Costco Sparerib

自家製にんにくペーストを入れました。ソースにも入っているのですが、参考レシピに忠実に・・・しょうがはなかったので入れませんでした。

Costco Sparerib

しっかり揉み込んで冷蔵庫へ。タレがこぼれるといけないのでバットやお皿などに入れておくと安心です。

Thai Teriyaki Sauce

味の比較でタイのテリヤキソースを使ってみます。確か業務スーパーで買ったような。

Thai Teriyaki Sauce

こちらも甘いのですが、パイナップルジュースが入っているのでフルーティです。

Costco Sparerib

こちらは胡椒とソースのみにしました。タレをケチったので少なめです・・・

2)タレごと耐熱容器に入れ、200℃に温めたオーブンで30〜40分くらい焼きます。

Costco Sparerib

参考レシピに汁がたくさん出るとあったので深めのお皿に入れました。左がヨシダ、右がタイ。

Costco Sparerib

30分くらい焼いてみましたが、表面が焼けていてもお肉が厚いところは火が通りにくく、少し赤かったのでもう10分焼きました。

Costco Sparerib

焦げる場合はアルミホイルをかぶせてください。

Costco Sparerib

焼き上がり。あまり汁は出ていないような?

Costco Sparerib

ヨシダソースの方はとてもいい匂いがしています。いかにもアメリカ、バーベキュー的な味!スパイシーで病みつきな甘さです。にんにくを追加で入れたのも良かったです。とても美味しい。

Costco Sparerib

こちらはタイテリヤキソース。フルーティさはなくなってしまいましたが、味がしっかりついていました。お肉本来の味が楽しめる感じです。これはこれで美味しい。

調理後に残ったタレでゆで卵を煮込むといいとあったので、30分くらいコトコト煮込んで次の日に食べました。スパイシーなおでん風になって、味がしっかり染み込み美味しかったです。

スペアリブを消費できるか心配だったのですが、これなら調理もとても簡単。買ってきたらタレに漬けてから冷凍しておくと良さそうです。ヨシダソースも炒め物や煮物の隠し味(隠れないけれど)などいろいろ使えそうです。公式サイトにレシピがあるので試してみたいです。

レシピ|ヨシダソース オフィシャルサイト

 




Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。