男子ごはんレシピ☆赤魚のアクアパッツァ

Pocket

120614_01

kobito_penguin男子ごはんでやっていたアクアパッツァが気になったので
冷凍庫にあった赤魚で挑戦です。
どんな味になるのでしょうか??


アクアパッツァとはブイヨンを使わずに白ワインで魚介類を煮込むイタリア料理だそうです。
男子ごはんでは鯛とシーフードをたくさん入れていましたが、今回は赤魚のみです。
白ワインを切らしていたので白ワインビネガーで代用。
ドライトマトも無いのでトマトの缶詰を使用。
こちらのレシピも参考にして作ってみました。

赤魚のアクアパッツァ 簡単イタリアンレシピ

【材料】

赤魚切り身 1パック(3切れ)
ズッキーニ(7mmくらいにスライス) 1/2本
ブラックオリーブ 10個
トマト缶 1/2缶
にんにく(包丁でつぶしておく) 2片
アンチョビ 2枚
白ワインビネガー(白ワインでOK) 50cc
水 100cc
ハーブ(タイム、ローズマリーなど) 適量
オリーブオイル 適量
塩 適量

【つくりかた】

1) 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて加熱し、香りが出てきたら火を止める。

120614_03
あまり加熱しないのがポイントだそうです。

2)鍋に水と白ワインを加え、材料を並べる。

120614_02

赤魚の切り身は塩味がついているのでそのまま使います。

120614_06

アンチョビはコストコで瓶が可愛くてつい買ってしまったもの。

120614_04

赤魚をいちばん下にして、ズッキーニ、オリーブ、トマトを並べ、アンチョビ、
塩、ローズマリーとタイム(粉しかなかった・・・)をのせます。

3)フタをして20分くらい煮込んだらできあがり。

120614_05

沸騰したらコトコト。簡単ですね。

120614_07_1

できあがり。

120614_08

そのまま食卓へ出しましょう。

トマトとワインビネガーの酸味が程良くさっぱり食べられます。
ハーブはたくさん入れた方が美味しいです。
野菜はいろいろお好みで入れてください。
スープが美味しい♪

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。