きび砂糖で梅シロップ(梅ジュース)

Pocket

去年は氷砂糖で漬けたのですが、気楽に考えて放っおいたら途中で発酵してしまい失敗・・・今年は溶けやすいようにきび砂糖で挑戦です。





【材料】
青梅(重さを測っておく) 適量
砂糖(お好みのもの) 梅と同量

【つくりかた】

1)ヘタを取り除き、梅を軽く洗います。ペーパータオルなどで水気をしっかり拭き取っておきます。

2)保存用の瓶を熱湯かアルコールで消毒します
いつもは煮沸殺菌して乾いてからアルコールで拭き上げていますが、今回は冷蔵庫で保存するので手抜き。アルコール殺菌のみにしました。

3)砂糖と梅を交互に瓶に詰めてフタをします。

Ume Syrup
砂糖の分量は適当・・・青梅で作っていますが、黄色くなった完熟でも作れるようです。とにかく早く砂糖を溶かすことが肝心。1日目は常温で、時々瓶を振って梅全体が砂糖に触れるようにしました。梅がまだらに変な色になってもお気になさらず。2日目には砂糖がほとんど溶けたので冷蔵庫へ入れました。時々全体を振って混ぜ合わせて1週間後(本日)・・・

Ume Syrup
すっかり溶けて梅のエキスも出て半分くらいの量になりました。梅はしわしわになるまで漬けておき、1ヶ月くらいで取り出します。シロップは冷蔵庫に保存して1年くらい楽しめます。

酢を入れて漬ける梅サワーのレシピもどうぞ。梅酒と同じ作り方で、梅の実が柔らかくなり食べることができます。

梅で作るお酢のドリンク 梅サワー

【参考レシピ】

梅シロップ(梅ジュース)のレシピ/作り方:白ごはん.com

梅いろいろ~ 梅シロップ〔ジュース):四畳半の住人

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。