【すし久】伊勢神宮で食べたいおすすめ料理!名物てこね寿司 2015.12.28(Mon)

Pocket

2015年最後のお伊勢参りに来ました。混雑を予想して早めに着いたので参拝を済ませてから
おはらい町&おかげ横丁をウロウロ。てこね寿司をまだ食べたことがなかったので今回初めて食べてみました。




Ise Jungu Tekone Sushi
趣のある佇まいの「すし久」さん。開店時間は10時30分です。かなり早く着いていたのでブラブラしてから10時に戻ってきて外の椅子に座って待ちました。すぐに他にもお客さんが来て3組で開店を待ちました。

Ise Jungu Tekone Sushi
ようやく開店!中も素敵。床板がツヤツヤしていますね。明治2年の遷宮時の宇治橋の古材を使って建てられているそうです。入って奥の大広間へ。お二階もあります。

てこね寿しは松・竹・梅の3種類から選べます。朝ごはんなのでお寿司だけ食べられればと思い梅を注文してみました。

てこね寿し(梅)
1,190円
Ise Jungu Tekone Sushi

10分くらいで来ました!桶に入っていて楽しい感じ!小鉢もついていてお得ですね。赤だしとひじきの煮物、切り干し大根の煮物と漬物付きでした。

Ise Jungu Tekone Sushi

 

てこね寿司は三重県の郷土料理で、漁師さんが船の上で手軽に作れる料理としてカツオやマグロを醤油に漬け込んだものを酢飯に手で混ぜて(こねて)作ったものだそうです。

分厚いカツオに濃いめのお醤油がたっぷり染み込んでいて美味しい!すこしねっとりした食感です。酢飯は甘くお醤油と合わさるとちょうど良いです。量が多く見えますが、酢飯は2cm程の高さで敷き詰められていて丼1杯分くらいです。ペロリと食べられますよ〜。

次々とお客さんが入ってきてお座敷はすぐにいっぱいに。お料理はすぐに出てくるので回転率は良さそうです。お寿司をつまみに一杯やる方も多く、和やかな雰囲気でした。川沿いで眺めが良いのもいいですね。(その分冷えますが・・・)

麦とろろも名物のようなので次回はそちらも食べてみたいです。

店舗情報

すし久(すしきゅう)
http://www.okageyokocho.co.jp/tenpo.php?no=14

住所 三重県伊勢市宇治中之切町20
電話 0596-27-0229
営業時間 10:30~20:00(LO 19:30)
年中無休(ただし、毎月1日、末日、毎週火曜日の夜間営業は休み)
年末年始(12/21~1月中旬)は夜間営業休業

すし久さん監修のレシピを見つけました。酢飯はもっと砂糖が入っているように思いましたが。漬け丼を作るときに参考にしてみたいと思います。

てこね寿しのレシピ
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/recipe/240222

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。