ドライヤーいらず?吸水力がすごい魔法のタオル「エアーかおる」

Pocket

カンブリア宮殿の予告で見た魔法のタオル。ドライヤーがいらないくらいの吸水力だそうです。いつもタオルで拭いても髪がビチョビチョで困っていたので早速購入してみましたよ。


連日暑くて、ドライヤーで髪を乾かすのも億劫な日々。ドライヤーが不要とまではいかなくても、乾かす時間が短縮できればと思い、タオルとしては少しお高めですが買ってみることにしました。

ラインナップは下記の5種類、5サイズです。

<シリーズ>
・ベビマム(ふんわり細糸)
・ダディボーイ(しっかり太糸)
・エクスタシー(プレミアムな極太糸。シリーズ最上級モデル)
・デオなでしこ(消臭ポケットタオル)
・純ギラ銀(純銀糸が埋め込まれている抗菌タオル)

<サイズ>
・バスタオル(60cm×120cm)
・エニータイム(32cm×120cm)
・フェイスタオル(32cm×85cm)
・ウォッシュタオル(32cm×40cm)
・なでしこ(32cm×14cm)

バスタオルが欲しけれど、サイズが大きくて干すのに困る、という方にはエニータイムがオススメ。バスタオル並みの吸水力なのにフェイスタオルの幅で干せて扱いやすいですよ。

髪専用に使いたいので、最上級モデルの「エクスタシー(XCT)」からフェイスタオルを選びました。

購入したのはこちら。

Amazonで1枚1,694円でした。

airkaol
世界初の特殊な糸で織られたエアー・かおる。

airkaol
岐阜県の浅野撚糸が開発し、三重県のおぼろタオルと共同で作り上げた商品です。材料は国産のオーガニックコットンを使用しています。日本のオーガニック基準は甘いのですが、「オーガニック畑となって10年」なら安心できるのではないでしょうか。

airkaol
持った感じは軽くふわふわしています。

airkaol
生地を拡大してみるとパイル(ループ状の繊維部分)が大きいですね。ここに空気をたくさん含んでいるのが軽さの秘密。

airkaol
裏面にはタグがついています。

airkaol
折り返している部分も同じ織り方で、端が固くないのがいいですね。

とりあえず、普段通り髪を洗って、新品を試してみました。

使い心地に特に変わったところはないのですが、頭皮の水分をしっかり吸ってくれているようです。タオルドライだけでは少し時間が経つと頭皮が蒸れるような感じがするのですが、エアーかおるで拭いた後は、触ってみても濡れている感じが少なく、サラサラして気持ちいいです。

髪の毛自体はタオルで挟んでギュッと押し、水分を取るようにしました。裏面まで水が染み込んでこないのが不思議。拭いてから毛先はどんどん乾いてきます。なにこれすごい!

セミロングの私の髪で、念入りに拭いてみましたが、最後まで裏面は乾いていました。しばらく経ってからタオルを触ってみると裏面も濡れていたので、染み込むのに時間がかかる=吸水力が高い、ということになるのでしょうか。

瞬時に乾く、というわけではありませんが、毛先からポタポタ水が垂れてくるようなことは全くありません。放っておいてもサラサラ快適、これならドライヤーで乾かす必要はありません。なんて簡単。画期的!手放せなくなるというのも納得です。2枚買っておいて良かった。今治タオルをずっと使っているのですが、こちらに切り替えようかな・・・

airkaol
プレゼントにもオススメなエアー・かおる。髪の長い女性に喜ばれそうですよ。

可愛いピンクもありますよ〜。

商品詳細

公式サイト
エアーかおるダイレクト | 浅野撚糸 公式通販サイト| ブランド累計販売枚数550万枚



Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください