【養肝漬宮崎屋】伊賀の漬物屋さんの山ぶき山椒漬

Pocket

151022_4
知らない土地でのお土産の探し方に電柱に設置されている看板があります。
伊賀市内を走っていると電柱に「養肝漬」の文字。
”肝”という字がものすごいインパクト。レバー?漬物??
いったいどんなものなのでしょう?

思わぬところで見つけました。
もくもくファームの野菜塾市場です。
養肝漬は野菜の漬物でした。
輪切りにしたイカめしを茶色くしたような見た目であまり美味しそうじゃない・・・
瓜をくりぬいた中にシソ、生姜、大根、胡瓜など細かく刻んだ物を詰め、
たまり醤油で熟成させた漬物らしいです。
茶色いのはお醤油の色だったのですね。

武士の戦の時の食料で、士気を養う=肝っ玉を養う漬物の意味で
「養肝漬」と命名されたそうです。

ありがたい漬物ですが、あまり心惹かれなかったので
ほかにたくさんある漬物の中から山ぶきの山椒漬を買ってみました。

名物俳味「山ぶき山椒」
324円(120g)

151022_1

151022_3

【原材料名】
ふき、醤油、砂糖、食塩、水飴、調味料(アミノ酸等)、山椒の実、胡麻、
甘味料(甘草)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

151022_2
お醤油の味が前面に出てきます。
こちらのお漬物はお醤油が特徴なのでしょうか。
甘さは控えめ、くせもなくシンプルな漬物です。
山椒は香る程度なので、もっときかせても良さそうです。

養肝漬 宮崎屋
http://www.ict.ne.jp/~myzky/index.html

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。