「美味しんぼ」レシピ☆ローピン

Pocket

Ico_kobito_2
111206_15

前回、ねぎぐるぐるを作りましたが
旦那さまが思っていたものと違っていたようです。

ねぎがまた買ってきてあるので
作れということかしら?
リトライです。

レシピはこちらを参照。

Cpicon「美味しんぼ」メニューを再現☆ ローピン by uta5

料理名がわからないので
「ねぎ ぐるぐる おいしんぼ」で検索しました。
「美味しんぼ」のレシピと書いてあるのできっとこれで良いはず。

【材料】

[生地]

薄力粉 200g
ごま油 小さじ1/2
塩 小さじ1(酢醤油を付けて食べるなら無しで可)
ぬるま湯 70cc

[中身]

ねぎ 1/2~1本
ごま油 大さじ1/2
塩 小さじ1/2

【つくりかた】

1) [生地]のすべての材料をボウルに入れ、
箸でぐるぐる混ぜ合わせます。
ぽろぽろとまとまってきたら、ひとまとめにします。

我が家ではフードプロセッサーでやってしまいますよー。
捏ね用のドゥブレードを使います。

111206_01

水以外の材料を入れ、パルス運転で数回、回します。

111206_02

混ざったかな?

111206_03

フタをして連続運転し、注ぎ口から水を少しずつ入れます。

生地のまとまり具合を見て、水を調整します。
ある瞬間、急にまとまるんですよね。おもしろーい。

まとまったら、そのまま1分くらい連続運転して捏ねます。

111206_04

生地できあがりー。

111206_06

ラップにくるんで30分くらい休ませます。

2) 生地を休ませている間にねぎを刻み、ごま油と塩を
入れて混ぜ合わせておきます。

111206_05

ねぎはたくさん入れましょう。

3) 生地を麺棒でできるだけ薄く延ばします。

111206_07

くるんでいたラップを広げて、その上で延ばすとらくちんです。

111206_08

厚さ3mmくらいでしょうか?
あまり薄すぎると包むときに大変です。

3) 2)を生地の上に載せ、
端からぴっちりと巻いていきます。

111206_09

ねぎを生地の上に広げます。

111206_10

海苔巻きの要領で、端をラップで持ち上げてから
はがす、というようにするとやりやすいです。

111206_11

巻き終わり。太くなっても大丈夫。
ねぎがこぼれないことを確認して、手でつかんで
ぎゅっとぎゅっと細くなるように延ばしてしまいます。

4) 3)を渦を描くように中心から丸めていきます。

111206_12

中心からぐるぐる。
厚みがあるので麺棒で押さえて、少し広げます。

5) フライパンを熱し、ごま油を敷いて4)を載せ
フタをして、表面に焼き色がつくまで10分くらい焼きます。

111206_13

密封できるフライパンがオススメ。
ねぎが蒸し焼き状態になります。

111206_14

こんがり焼けたら裏返してまた10分焼いたら
できあがり。

111206_16

断面です。ねぎがぐるぐる♪


Ico_danna これだよ、これ。
酢醤油付けた方がいいな。
うまいうまい。

Ico_kobito_2 ごま油の香りがとても良いです。
ねぎの臭みはありません。
中はもっちりしています。
おいしいー。そしてカンタン。

塩味がしっかり付いているので
酢醤油を付ける場合は無くても良さそうです。

料理名がわかったところでもう一度検索してみると
漫画のシーンと一緒に紹介している方がいましたよ。

烙餅(ローピン)|たぶん、こんなん。

雪山に閉じ込められたときに作った料理だそうです。
山岡さんの詳しい解説がいいですね。
「美味しんぼ」を読みたくなります。

Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。